lab1092

BlenderとPythonの話題が主になっている(?)blog

業務?連絡

新しいマニュアルについての件。

どうも、ぼくです。

Blenderの話なのでもう一つのblogに書いても良かったのですがこちらに。

blender.jpに掲載された Blender Developers ミーティングノート(141207) で以下のように記載があったので。
(訳注:この日本語化のシステム構築がまんだ氏の手によって進められているようです
いえ、違いますよ?残念ながら。
(該当する行の削除をお願いするコメントは書いておきましたので消えてるかも)

経緯等ちょっとだけ説明しておきますね。

「新しいマニュアル」について

http://www.blender.org/manual/ にて公開されているマニュアルはBlender Wikiで公開されている2.6用マニュアルをもとに、2.7を対象にしています。現行のバージョンについてはこの新しいマニュアルを更新します。
反対に言うと、Blender WikiのDoc:2.6ネームスペースは2.6用のものに維持され、更新はされません。

この新しいマニュアルについては Blender Conference の発表にて発表されたものの、あまり動きが無い状態でしたが、ドキュメンテーションプロジェクトに Greg Zaal氏の加入などもあり、整備が進むと期待されます。

「Wiki」から「Sphinx」への移行

新しいマニュアルでは、Sphinxを使ってreST形式で記述したファイルを"make html"して、HTMLに変換します。これまでのWikiベースのシステムでは、Webページ上にてWiki記法で記述、保存するとすぐにページを見ることができました。これはページの管理の方法が異なることを示しています。

現在、Documentationプロジェクトのページにあるように、英語版の新しいドキュメントはblender.org内のgitリポジトリにて管理されています。更新は…pullリクエスト送るんでしょうか?それともbf-docboardに「これ追加して」って言っとけばいいんでしょうか?まあそれはいいとして、とにかく「ファイルとして管理される」という部分でWikiのそれとは異なります。

自身としてはWikiでできてたことができなくて、blender.org以外のドメインで日本語マニュアルが公開・維持されるとかいう後退はすべきではないためという考えから「少なくともホストするべきはBlender Foundation」と思ってます。

国際化(日本語化)について

Blender Wiki では対応する「ネームスペース」を言語ごとに用意することによって英語以外の言語のページを登録できました。

対して、Sphinx 1.2以降がサポートする方法では、言語ごとに対応するメッセージテキストを用意することで各言語のページを生成可能です(自身がbf-docboardで提案、というか動いたよと報告したのはここ)。ただし、この方法だと「原文パラグラフと厳密に対応する翻訳」が必要なため、Wikiでやっていた「各言語にのみ存在する、異なるパラグラフに分けて書いた訳注」が出来なくなります。

(翻訳の内容はともかく)より厳密に原文の文書構造に従う方向になるわけですね。

他にもCake PHP 2.0 Cookbookのように各言語ごとにドキュメントツリーを分けて用意する、という方法はありますが…。

自身が行ったのは、該当するポスト中にも書いていますが、「Sphinxの国際化機能を使って日本語対応する手順をおこなってみてうまくいったよ」という程度です。何より本文翻訳してませんし。

現状は?

「現状は?」ということなんですが、BF側としては「英語のドキュメントの更新フローを確立させるために優先して動いている」ということ。
その後、国際化対応する(かどうか方針を決める)、というのではないかと思います。

何かデジャブ、と思ったかたはあれですね、Blender 2.5プロジェクトを思い出されているんでしょうかね?まあ、そんな感じに似てなくもないような。

はい、開発元であるBlender Foundationがリードする形でうまくいけばいい、と今の所思っているので静観している状況ですね。

興味のある人は bf-docboard メーリングリストに入っておいてね、というくらいかな。

ところで

そういえば私が作ったリポジトリはこちらですね。各ローカルでビルド可能なようにはなっていると思うので気が向いた方は試してみるといいんじゃないでしょうか。現状WindowsとOS Xでビルドを確認できてます。
(ワーニングが500個とかそのレベルで出るのは自分のせいではないので、ええ。)

ああ、そうそう、試験的にとはいえ数パラグラフ分翻訳してみたんですけど、自分は「マニュアル翻訳」には向いてないな、というのがよくわかりまして、はい。厳密に原文に従うっていうのは窮屈だなあ、と。


ということでー。

4月から東京勤務です。

どうも、ぼくです。

さて突然(?)ですが、4月から東京勤務となります。
その割には3月の土日に何かやってたり余裕かまして(1)(2)たような感じなんですけれども。

ということで、神戸では色々な方とお会いすることが出来、またお世話になりました。ありがとうございました。
新しい地で頑張っていければと思います。

DSC07824



 

横浜で何かあるらしいってね

先日の #pyfes で AlternativeTo を紹介した Blenderのイベントの告知をLTで行ったんですけれども、まあ、あと少しに迫っているんですよ、開催が。

   イベント名: 春だ一番!Blender祭り
   開催日時 : 2013年3月23日 (土) 14:00 - 17:00
   開催場所 : ヨコハマ創造都市センター
   URL        : http://peatix.com/event/11282

まあ、一応運営(ボランティアスタッフ)側らしいので、こっそりどんな話が、的なものをココとかココとかに書いてますけど、はっきり言って当日まで調整というか当日えいやっになりそうです。祭りだから気にしない。

 ああ、あと「Blenderユーザー動向アンケート201302」とか回答を20日いっぱいで締め切るということなので。

それから、Blenderとは?ということでBlenderを知らない人向けBlenderとは何かを説明するスライドを作る羽目になっているんですが、「 春だ一番!Blender祭り の講演資料っていうんですか? まだ0%ですね。」という状況だったり(本当の話)。

実は別件でもまあイベント的なものがあったりとかするので「乗り切る」という言葉がしっくりくるようなそんな感じの状況でもうw
さてどうなりますやら。

Sphinx朝会@神戸 開催しましたよ #sphinxjp

昨日、日曜日10:00から、Sphinx朝会@神戸を開催しました。

http://atnd.org/events/25549

530208088

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

説明および演習に使った資料:

今回、説明資料は以下のものを使用しました。

自己紹介タイム:


それぞれ自己紹介していただきました。いろいろと他のコミュニティで活躍されている方が多くて「すげー」とかおもってしまったり。


キーワードとしては以下のようなものが出てたような。

  • PyConJP
  • PHPカンファレンス関西
  • 神戸ITフェスティバル
  • Android神戸
  • WordBench神戸
  • LibreOffice
  • OSC東京/OSC愛媛
  • blender

アンケート(3つ):


今回自身も含めて9名の参加でした。3つほどアンケート取りました。

  1. Python使ってますか? - 3名
  2. 業務でドキュメント書いてますか - 6名
  3. 勉強会等で発表されてますか - 8名

ほうほう。


Sphinxを使う最初の一歩:


ほとんどの方がSphinxの環境をインストールされていたようなので、ひとまず "make html"を行うまでを実演しました。


インストールの話題で出ていましたが、それぞれPythonやSphinxのインストール時に一筋縄ではいかなかったという意見があったようです(勉強会内では詳しく聞けませんでした)


あと、自分の環境には"make"コマンドが無いということだけ強調しておきました。開発をされる方は「XCodeのインストールはまず最初に行いますよねー」ということのようなので、「デスヨネー」とか言っておきましたw


こういうのを用意しとけば「makeが無くても安心」。

sphinx-build -b html -d _build/doctree . _build/html


演習:


演習については前々回、前回と同じ資料を参照して行っていただきました。

まあ、演習の前からだったんですけど、ネットの接続が(WiMAX使用)不調で、ちょっと時間を取るはめに。

演習時間、とは言ってましたが、「おやつを食べたり」「イベントの紹介だったりしてたような気がしたり。

(これはUst流せないよねぇとか思いつつ)


演習はまずすべてこなせないということで、「おうち帰ってやりましょうね」的な。


S6テーマの紹介&雑談:


今回はreSTを書いて"make html"すると、プレゼン資料が作れてしまう、S6テーマについて少しだけ触れました。

  • Sphinxのテーマとして提供されてますよ。( http://pypi.python.org/pypi から入手してね)
  • ローカルでうまく表示されないときは一行Webサーバを実行させてそちらにアクセスするといいよ

また、実際に作ったS6テーマの資料などを表示させてみたり。

http://dl.dropbox.com/u/3864210/sphasa001/03kobe_pre/index.html


ちなみに、例の動画は友P( @tomo_ ) 制作。



スライド中の最後の動画を全部流して「Sphinxと何のつながりがっ!?」というツッコミがあったり(→実はblender python APIのドキュメントはSphinxだし、BlenderはAddon用にPythonのエンジンを搭載している、ということで)


他に テーマの話やblockdiagの話などもありましたが、「簡単に触れた」程度にとどまりました。


どんどん脱線していくので面白かったと言えば面白かったんですが、ひとつ大事なものをわすれてまして。実は一部不完全ながらSymfony2のドキュメントをビルドするデモンストレーションをする時間が無くなっちゃいました。てへ。


ということで(?)、「楽しい」時間は過ごせたように思います。


そのあと(行ける方の)みランチ、という感じでした。


今回思ったこと:


 「マルチプラットホーム」対応のツールの説明はそれぞれの環境を多少知っていないと話をしにくい。あと、インストールにまつわるいろいろも「話として知っている」以上でないと。「Windowsのみ対応」とかだとある程度決め打ちで話を進められるんですけどね。


あと、今回はものすごくいいタイミングで質問をもらったり、補足説明いただいたりと、参加しているみなさんに助けられました。改めてありがとうございます。


次回予定は未定:


次は…。具体的な場所と日程はまだですが、「大阪」、「土曜」という要望が出てるらしいです。いい会場ご存知でしたらお知らせいただけるとありがたいです。


次回はテーマの変更やカスタマイズ、Sphinx拡張についての話題で行ければと思います。


あと、この「Sphinx朝会」については「ドキュメンテーションツール、Sphinxを愛でる」のが目的です。というところで。





Togetterでまとめられているようです。

日曜は「Sphinx朝会@神戸」ですよ

3/4この日曜、10:00- 「Sphinx朝会@神戸」が開催されます。
みなさまATNDのページ(http://atnd.org/events/25549 )をご確認の上、お越しください。

(まあ、俗にいう「宣伝エントリです」)

Sphinx朝会@神戸 : ATND
http://atnd.org/events/25549

Sphinx朝会@神戸、3月4日におこないますよー(のプレゼン資料)
http://blog.livedoor.jp/lab1092/archives/51759138.html

オリエンテーション
http://dl.dropbox.com/u/3864210/sphasa001/part0.html


何気に参加者の一部がすごい(?)と評判(?)です。「なかのひと」系の方がちらほら。

Sphinx朝会@神戸、3月4日におこないますよー(のプレゼン資料)

2012/02/21 19:00:47
最近人気のドキュメンテーションツールSphinx。検索エンジンじゃない方のSphinxですよ。その学習の第一歩に Sphinx朝会@神戸 はいかがですか? - http://t.co/8PovzI8U #sphinxjp
2012/02/21 22:12:10
Sphinx朝会の宣伝用プレゼン資料S6で作ってみたのを更新(最後のページにvideo埋め込んだ)。テキストエディタで作れるプレゼン資料。 > http://t.co/f3pvFE2M

…とまあこんな塩梅。

3月4日(日)に、3回目の開催となる「Sphinx朝会@神戸( atnd.org/events/25549 )」を行います。ドキュメントを書きたくなる魔法のツールSphinxで、楽しいドキュメンテーションライフ、はじめてみませんか? #sphinxjp ということで、プレゼン資料。多分土曜日に参加するGAEの勉強会で、この資料を使って宣伝することになるとおもいます。よろぴこ。

http://dl.dropbox.com/u/3864210/sphasa001/03kobe_pre/index.html

当日(3/4)はもちろんこの資料の作りかたの解説も出来ると思いますので、興味のある方はどうぞ。

livedoor プロフィール
保管庫
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

Vimeo
lab1092をフォローしましょう