lab1092

BlenderとPythonの話題が主になっている(?)blog

blenderなのか?

Steamにキタものは?

どうも、ぼくです。

なにやら来ましたね。SteamにBlenderですか。

http://www.blendernation.com/2015/04/25/blender-is-now-available-on-steam/



まあMOD作って売っちゃうぜひゃっはー、の割には実入りが少なかったりするらしいとか、バージョンアップ勝手にして"Copy Previous Settings"のボタン押す前にCtrl+Uしちゃって設定が引き継がれなかったらどうする(そもそもその機能の信頼性は置いておいて)んだろうとか、ちょっと考えてしまいました。

いやもちろんこれまでと違う層にリーチ出来るようになっていいことではあるのですけれども。

[EDIT] MODの有料配信は撤回されたようです。(SteamのSkyrim MOD有料配信機能、早くも撤回)

LibreArte Font!

どうも、ぼくです。

ソフトウェアのロゴがフォントで使える、ということらしいです。
ぼくがよく使っている(?)Blenderのロゴもありますね!!
他にもPythonとかHTML5、CSS3とかもあって、はい。


フォントのダウンロードページはこちら(http://www.sokistudio.com/soki_freebie/librearte-font/)
"Descargar"のリンクからダウンロードできます(ただし現時点ではURLを編集する必要あり?)。

おやっ Vimさんは…

スライド2本(連携テスト)



Slideshareの直接の埋め込みが出来なくなったようなので、ツイートのプレビューで表示させる、という選択肢もありかな、と確認するエントリ

blenderのテーマ表示用XMLをXSLTで。

どうも、ぼくです。
128

タイトル、わけわかんないですね。えーと、3DCGソフトウェアのBlenderは背景色や文字色などの外見をカスタマイズ出来るんですが、それをまとめたテーマファイルを読み込むことも出来ちゃうんですね。そのファイルは(2.6以上では)XMLファイルなんですけど、それを使って他のことをしてみました、というお話。

■テーマファイルの入手

blenderartists.org でテーマを適当に入手。以前のバージョンでテーマファイルがPythonファイルだったこともあり、"Released Scripts and Themes"に"[Theme]"から始まる名前のスレッドにあります。探すのが結構面倒ですが、スレッドを見つけて、そこからGetします。

■XSLTファイルを書いてみた

とりあえずXML→何かに変換、というところでXSLTを書いてみました。愚直(?)にコピペしまくったとはいえ、項目数が多かったため面倒くさいことこの上なしでしたね。

作成したファイルはgistにアップロードしています。
■XML Notepad 2007によるXSLTの適用とHTMLファイルの保存

XMLファイルからXSLTファイルを使ってHTMLファイルに変換するのにXML Notepad 2007を使用しました。
  1. XML Notepad 2007を開いて、XMLファイルを開きます。
  2. XSL Output タブを開きます。
  3. XSLT Location に XSLTファイルの場所を指定します。
  4. Transform ボタンで変換。
  5. 変換のプレビューが表示されている箇所で右クリック、「ソースの表示」を選択します。
  6. メモ帳が開いてHTMLソースコードが表示されるので、それをHTMLファイルとして適当な場所に保存します。
■Mozilla Firefox による 3DでのHTML表示

「XMLをHTMLにしました」では芸が無いので(?) 3D表示させてみます。
  1. Mozilla Firefox (当方で使用したバージョンは25.01)で、変換後のHTMLファイルを開きます。
  2. [F12]キーを押します。
  3. 開発ツールが表示されるので、右上のアイコンから「立方体」をクリックします
  4. 再度アイコンをクリックして通常の表示に復帰します。
127


■Tilt 3D プラグインによる…何か

「そういえば、この3Dデータってエクスポート出来るんじゃなかったっけ?」とふと思い出しまして。
ああ、これですこれ。3D表示させる+3Dデータ(.obj)としてエクスポート出来るFirefoxアドオン。ということで、.objファイルをblenderで読み込んでみた画面を貼っておきます。

129

結局何がしたいのかさっぱりわかんないですね。

”Blender KeyPad”でさらに武装してみることに

どうも、ぼくです。
003

本日はテンキーのあるノートPCに「iPhone/iPod TouchをBlenderの専用テンキーにすることができる」アプリ、”Blender KeyPad”でさらに武装してみることにしましたよ。

今回使ったPCはLenovo g570。Windows 8.1 Preview (64ビット版)入れてます。

”Blender KeyPad”のセットアップ方法のところにも書いてありますけど、”Blender KeyPad”はVNC接続で画面操作をするということ、そしてWindows の新しいバージョンだとVNC接続に失敗しているっていうこと。Tiger VNC も自身の環境では使えませんでした(細かく詰めてないので設定次第ではもしかしたら…)。 UltraVNCを使って接続に成功しましたとさ(バージョン1.1.9.3 x64)。

一つセットアップで重要なのが、接続ポート番号。UltraVNCをユーザーモードで起動したら、タスクトレイのアイコンを右クリック、”Admin Properties”を選択します。単なる”Properties”ではないですよ。

プロパティパネルが開いたら、ポート番号をチェックします(Portsの "Main"のほう)。これが”Blender KeyPad”の接続先ポート番号の設定となるのですね。

同じ画面からパスワードを設定します。これでサーバ側はおk。クライアント側となる iPod touch(3rd) の設定を適当に行って、Blenderを起動させて動くかテスト。

テンキーがあるPCなので必要性はあまりないんですけど、デモンストレーションの時に「人に見せながら表示しているシーンの視点を変えたい」とか「3Dビューのアニメーションをほかの人に見せる」とかいうシチュエーションに役に立ちそうです。

幸い?[PageUp]と[PageDn]キーもあるので、「PDFスライドを表示、合間にBlenderのデモ」とかそういうのもでき…ますね、多分それほどPCの前で操作することなく。
 
多く出回っているというかテンキーが無いノートPCのほうが多いと思いますので、そういう環境のBlenderのおすすめセットアップをば…
といったところでしょうか。あとはマウスをつないでおく、と。マルチタッチやスクロールに対応したタッチパッドだとビュー操作もある程度はできてしまったりするのですがそれはそれ、ということで。


例のAdd-on

076

タイトルと一行コメントをOpenGLプレビューとともにWordPressへポストしてくれるAdd-onです。
XMLRPCでWordPressにPOST出来る話だったので、何故か作って…

メリットとしては「OpenGLプレビューを生成して、JPEGファイルに保存して、ブラウザを立ち上げて、JPEGファイルをアップロードして、新規投稿画面を開いて一言コメント書いて、投稿」の手順をまあまあの部分省ける、というところでしょうか。WIP(Work in Progress)記事などにどうでしょう?

簡単に使い方を説明しておくと user: にユーザー名、 password: に パスワード、 url: にxmlrpcでアクセスするURL をそれぞれ入力します。事前に、WordPressの XMLRPCサポートを有効にしておく必要があるので確認してください。  

[Update]ボタンで上記の3つを保存します。次回のAdd-on起動時に自動的に読み込みます。

あとはタイトルとテキストを入力して [SubmitWordPress]ボタンを押してみるといいですよ。

↓は現時点のソースコード。 


そういえばここ数年Blenderで一定期間何か作っていることってないので自分には必要性を感じない…

このAdd-onを使って実際に wordpress.com にポストした記事はこちら。
   http://lab1092.wordpress.com/2013/07/07/cell-facture-rigid-body-%E3%82%92%E8%A9%A6%E3%81%99/


ではー。 
livedoor プロフィール
保管庫
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

Vimeo
lab1092をフォローしましょう